<< GASGAS100F  キックアーム | main | GASGAS100F  エキパイ作成 >>
2007.08.25 Saturday

GASGAS100F アルミ燃料タンク


0
    燃料タンクこれも非常に苦労しました。と言うか、今も少し悩んでるぐらいです。

    GASGASのフレームはかなり細いので、その間に入れるとなると容量不足になってしまいます。



    上の写真は初期に作ったもの、燃料の入り口を冷却水の取り入れ口をしよう・・・

    しかし、非常に入れにくい・・・てなわけで、もう一個つくることに








    ノーマルの燃料タンクの入り口を使って作りました。

    燃料コックもノーマルのからとってます。

    今回は綺麗に出来たのですが、少し小さかった

    だいたい1.5L入るか入らないか。。。

    普通の競技ならいいのですが、ツートラや

    公道で走るのには非常に厳しい・・・・




    ノーマルのタンクはタンクカバー状態に

    蓋をつけて燃料も入れやすいようにしてあります。

    あと、キャブの上ぐらいの位置に空気の抜け穴を切って

    網を張って熱対策


    こちらの写真で見れば良くわかると思いますが、燃料コックからキャブへの落差が非常に少ないですこれはTYSなんかも似たような感じです。



    4サイクルは、ヘットの位置とキャブの取り付け位置の関係で

    燃料タンクからキャブへの落差が非常に少なくなってしまいます。

    その結果坂でなどでガス欠しやすかったりすることがあります。

    それの改善策としてミニタンクをキャブの前につけて、燃料の流量を上げることにしました。
    関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
    おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    森トライアルチーム
    森トライアルチーム
    亀岡トライアルランド
    亀岡トライアルランド
    twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM